2017/03/28



Kadenshinsho / 花伝心抄



  “Kadenshinsho” cover design

Last year, I bound a collection of photographs by Ms. Michiko Nanzawa who is a floral artist in Japan.
I got to know Ms. Nanzawa in 2015 through one of my high school friends.
She graduated from the “Constance Spry Flower School” in London and recently she established own her company “Hana tayori”(=messages from flowers) in Tokyo. (more about her information please see the website as below).


The contents of the book are a collection of essays that relate with seasonal flowers by the artist and each page has a photograph of her work.  When she commissioned me, she mentioned that she likes the Japanese brush stroke calligraphy title on her book that written by her mentor for this book publish, and also burgundy is one of her favorite colours. Therefore the cover design has become a combination with the Japanese calligraphy and seasonal flowers. Those flowers are represent each season and relate to her flower arrangement in the book. The book is full leather binding with hand dyed leather onlays and leather cut into designs. The endpapers are hand drawn in pastel, using the bell flowers for the motif. I try to make especially flowery expression endpapers. I hope it gives nice surprise when people open this rather quiet cover design book.

花伝心抄
昨年、日本でフローラルアーティストとしてご活躍されている南澤道子さんの写真集を製本しました。
南澤さんとは2015年に高校時代の友人をとおしてお目にかかりました。
彼女はロンドンの「コンスタンス スプライ フラワースクール」を卒業し、この春東京で「花たより」という会社を設立されました。(南澤さんの詳細に関しては上記のウェブサイトをご覧ください)
この本は季節の花に関わる南澤さんの随筆と作品(ヨーロピアンデザインと「投げ入れ」のスタイルで生けられた作品)の写真で構成されています。
彼女から本の制作を依頼された時に、この本のタイトルページの筆描き文字、これはこの本の出版にあたり彼女の恩師が書いてくださり、それを大変気に入っていらっしゃるということと、バーガンディーの色がお好きだということを話してくださいました。ということで、表紙のデザインはこのタイトルの書き文字と季節の花とで構成されています。花は季節を表し、それらの花は本の中のアレンジメントで使われているものにしました。本は総革装で革のオンレイと花のデザインのくり抜きになっています。
見返しは桔梗の花をモチーフとしたパステルを使った手描きです。特に華やかなになるような見返しを作りました。
比較的おとなしいデザインの本を開き華やかな見返しを見て素敵な驚きを感じていただきたいと思っています。


  “Kadenshinsho” endpapers
 

  The box
 

“Kadenshinsho” front cover  
 

“Kadenshinsho” back cover